アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

ボルネオ島 コタキナバルツアー その9 最後の晩餐

ロッカウイ・ワイルドライフパークのあとは、ホテルへ戻り、お土産を買いに行きました。

いざ、場所だけ調べておいたお土産屋さんへ!


・・・


ここだよね?


なんと、お店が閉まっていました…。

まずい。
慌ててスマホで他の店を探します。

徒歩圏内で2か所ほどショッピングモールのようなところへ行き、ようやくいわゆるお土産らしいお土産(お菓子)のあるお店にたどり着きました。

お土産はそこまで選択肢が多かったわけではありませんが、グミやチョコレートなんかを買いました。

それ以上に、このお店には私の興味を惹くものが!

それは…

f:id:atelier-dwarf:20171113232022j:plain

そう。生き物の標本です。
コノハムシや巨大ナナフシ、巨大カミキリムシ、人面カメムシ、たくさんの蝶(チョウ)の標本までありました。

昆虫の標本は見た目がキレイなのですが…

f:id:atelier-dwarf:20171113232129j:plain

こちらはトビガエルの標本。というよりミイラですね。

会えるものなら会いたかった生き物たちがたくさん飾られていました。

いつか会えたらいいですね。


そんなこんなでかろうじてお土産を確保することができた我々は、その足で最後の晩餐に向かいました。

コタキナバル最後の晩餐は、仲間の一人がここでシーフードを食べると決めた場所で、スリ・セレラという屋台街です。

広い屋根付きの空間にたくさんのテーブルが並び、出入口はオープンな感じで賑わっています。

f:id:atelier-dwarf:20171113233426j:plain

席に着くと、仲間の一人が店員さんにさらわれていったので、私も少し歩き回ってみました。

f:id:atelier-dwarf:20171113233331j:plain
f:id:atelier-dwarf:20171113233407j:plain

生け簀や新鮮な魚介類がたくさん並んでいます。

席へ戻り待っていると、店員にさらわれていった仲間が戻ってきて、頼んできたぜ!といって、注文伝票?を見せてくれました。

f:id:atelier-dwarf:20171113233446j:plain

仲間の話によると、食材を選んで、調理方法を指定してきたとのこと。

注文伝票を見てもよくわからないので、料理は出てきてからのお楽しみということで、とりあえずカールスバーグで乾杯!

f:id:atelier-dwarf:20171113233117j:plain

みんなお腹へっていたので、結構食べました。

f:id:atelier-dwarf:20171113233510j:plain
f:id:atelier-dwarf:20171113233532j:plain
f:id:atelier-dwarf:20171113233547j:plain
f:id:atelier-dwarf:20171113233559j:plain
f:id:atelier-dwarf:20171113233612j:plain

名前は知ってるけど、飲んだことはないフルーツのジュースも飲みました。なんのジュースだったかはもはや定かではありません。

f:id:atelier-dwarf:20171113233634j:plain

こんな感じで、コタキナバル最後の夜は終わりました。


翌早朝。というか夜明け前。ホテルのロビーは静けさに包まれています。

f:id:atelier-dwarf:20171113235358j:plain

それでもホテルは軽食を用意してくれており、ありがたくそれを受け取って、ツアー会社の送迎バスで空港へ。

f:id:atelier-dwarf:20171113235903j:plain

空港もまだほとんど人はおらず、っていうか暗い!中、ツアー会社の人が手続きをしてくれて、楽しい楽しいボルネオ島コタキナバルツアーは終わりを迎えたのでした。

以上、最後を書くのが遅くなりましたが、久々に全力で遊びつくしたボルネオ島コタキナバルツアーでした。


P.S. 後日談となりますが、お土産はどれもおいしく、その中でもマンゴークッキーが好評でした。

生き物散歩 国営武蔵丘陵森林公園 3回目 その1

今回はアサギマダラがいるとの情報を得て、今年3回目の国営武蔵丘陵森林公園へやってきました。

 

今回は東武東上線森林公園駅前からバスに乗って国営武蔵丘陵森林公園の西口から入ることにしました。

 

f:id:atelier-dwarf:20171105215729j:plain

 

まずは花畑へ向かいます。

花畑は西口の近くにあり、少し歩くとカラフルな景色が見えてきました。

 

f:id:atelier-dwarf:20171105215959j:plain

 

ピークはやや過ぎているようですが、十分キレイです。

 

f:id:atelier-dwarf:20171105220318j:plain

 

生き物はいないかなぁと探してみると、小型の蝶(チョウ)蜻蛉(トンボ)がいました。

今回は鮮やかなマゼンタの世界へお邪魔します。

f:id:atelier-dwarf:20171105221517j:plain

 

息を呑む美しさ。

といったら大袈裟でしょうか。

 

f:id:atelier-dwarf:20171105220808j:plain

 

マゼンタの世界を存分に堪能して、次はハーブガーデンへ向かいます。

 

ここでも蜻蛉(トンボ)蝶(チョウ)が撮影に協力してくれました。

 

f:id:atelier-dwarf:20171105222603j:plain

f:id:atelier-dwarf:20171105235046j:plain

 

こちらはユムシの仲間でしょうか。

 

f:id:atelier-dwarf:20171105222955j:plain

 

よく見ると、片側の脚が一本しかありません。

どうやって花の上までやってきたのでしょうか。

 

飛んできた?

登ってきた?

 

いずれにしてもその生きる力には驚かされます。

 

f:id:atelier-dwarf:20171105223520j:plain

 

厳しい自然環境の中を生き抜き、逞しく生きる姿。

感服しました。

 

彼の幸運を祈りながら、次へ向かいます。

 

チョウトンボがいた水生植物池はロープが張られて近づけなくなっており、蜻蛉(トンボ)たちもいなくなっていました。

 

山田大沼の方へ出ると、上空を大きなが飛んでいきました。

 

f:id:atelier-dwarf:20171105225736j:plain

 

はあまり知りませんが、アオサギでしょうか。

 

山田大沼沿いを歩いて中央口付近を通り、ぽんぽこマウンテン近くの花畑にやってきました。

 

f:id:atelier-dwarf:20171105231132j:plain

f:id:atelier-dwarf:20171105231158j:plain

 

草花がキレイに色づいています。

 

そこからあざみくぼ沼を抜けて、いよいよこの日の本命、アサギマダラに会いに行きます。

 

生き物散歩 国営武蔵丘陵森林公園 3回目 その2へ続く。