アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生き物散歩 7月~8月の森や公園の生き物2018 その3

その2に続いては、蜻蛉(トンボ)です。

 

f:id:atelier-dwarf:20180715214716j:plainf:id:atelier-dwarf:20180715215000j:plainf:id:atelier-dwarf:20180826014515j:plainf:id:atelier-dwarf:20180715215017j:plainf:id:atelier-dwarf:20180826014329j:plain

 

かくれんぼしているかのような蜻蛉(トンボ)も発見!

 

f:id:atelier-dwarf:20180826014715j:plain

 

 

続いて、お尻(お腹)ピーンポーズの蜻蛉(トンボ)たち。

 

以前、テレビで見ましたが、お尻(お腹)を上げるのには理由があり、なんと体温調節のために行っているらしいのです。

お尻(お腹)を立てて日の当たる面積を減らすことで体温上昇を抑える効果があるようなのですが、その理屈でいくと日が高いときほどお尻(お腹)を上に立てた方が効果は増すと考えられます。果たして蜻蛉(トンボ)は日の高さまでを計算しているのでしょうか。もちろん、日に対するお尻(お腹)の向きも重要です。

 

f:id:atelier-dwarf:20180715214841j:plain

 

見ていると、日の高さに合わせているかはわかりませんが、暑い時ほどお尻(お腹)を上に立てているようではありました。お尻(お腹)の向きについては、風向きの影響を強く受けるため、必ずしも日の方向に対してお尻(お腹)の向きを調整しているというわけではないのかもしれません。

 

とても暑い日の日中はこんな感じ。

 

f:id:atelier-dwarf:20180826014455j:plain

 

 

次は、私が昨年の夏に魅了されたチョウトンボ

今年も美しい姿を見せてくれています。

 

f:id:atelier-dwarf:20180715215112j:plain

 

チョウトンボお尻ピーン!

 

f:id:atelier-dwarf:20180826014419j:plain

 

 

このまとめの最後は、昆虫以外の生き物たち。

 

森でとてもよく鳴いているガビチョウの姿を見ることができました。

姿はこれまでにしばしば目にしていましたが、鳴いているところを長く観察できたのは初めてで、とてもキレイな鳴き声の持ち主でした。

 

興味のある方はYouTubeなどで探してみてください。

 

f:id:atelier-dwarf:20180826014552j:plain

 

続いて、本ブログでも何度か登場しているヌマガエル

 

f:id:atelier-dwarf:20180816213402j:plain

 

小さな水場を覘いてみると、細長い紐のようなものが…

 

f:id:atelier-dwarf:20180816213134j:plain

 

これはもしや…

 

f:id:atelier-dwarf:20180816213155j:plain

 

蛇(ヘビ)の子供?でした。  

このサイズだとかわいいですね。

 

 

以上、生き物散歩 7月~8月の森や公園の生き物2018 レポートでした。