アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生き物散歩 国立科学博物館附属 自然教育園 

昨日は、東京の撮影スポットを探すべく、国立科学博物館附属 自然教育園へ行ってきました。

f:id:atelier-dwarf:20170611175736j:plain

 

国立科学博物館附属 自然教育園東京メトロ南北線白金台駅から徒歩で7~8分、JR山手線目黒駅から徒歩10分弱程度のところにあります。

f:id:atelier-dwarf:20170611175812j:plain

 

入場券は大人一人310円で、入口にある自動券売機で購入しました。

購入後、隣の窓口でリボンを渡され、そのリボンを付けて中へ入ります。

 

中へ入ると、美しい緑が広がっています。

f:id:atelier-dwarf:20170611180110j:plain

 

まだ10時前だからか、近くを通る人は散歩しているような人や私のようにカメラを持って生き物を撮りに来ている人が数人いる程度です。

 

まだ夏には少し早いので、蚊は大丈夫かなと少し油断していたら、早速足首付近を数か所刺されたので、慌てて露出している手足に虫よけスプレーを吹きかけます。

 

少し歩くと、さっそく最初のお出迎えがありました。

f:id:atelier-dwarf:20170611180814j:plain

 

私の地元の近くにある自然観察の森でも、こういった場所はトカゲ類のお気に入りのようで、よく撮影させてもらっています。

 

f:id:atelier-dwarf:20170611181045j:plain

 

園内には細かく植物の名前の看板があり、ところどころで特徴的な風景のビューポイントという看板が設置されています。植物好きの方はより楽しめるのではないでしょうか。

 

おっと、カナブンの仲間を発見!

f:id:atelier-dwarf:20170611182826j:plain

 

しばらく進んで分岐路を左へ進み、少し歩くと沼が現れました。

f:id:atelier-dwarf:20170611181602j:plain

 

沼にはカメと鯉がいました。

沼沿いに立つとカメが集まってきました。

f:id:atelier-dwarf:20170611181922j:plain

 

沼沿いの花の付近では、クマバチがせっせと蜜集めに勤しんでいました。

f:id:atelier-dwarf:20170611182226j:plain

 

他に、まだ数は少ないですが、トンボや蝶も。

f:id:atelier-dwarf:20170611182402j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170611182453j:plain

 

この日は天気がよく、本当に緑がキレイです。

f:id:atelier-dwarf:20170611182526j:plain

 

少し進むと、足元の草からカサカサっと音が。

f:id:atelier-dwarf:20170611183242j:plain

 

おやおや。カナヘビさん。こんにちは。

 

おっと、何か食べはじめました。

f:id:atelier-dwarf:20170611184035j:plain

 

そこからまた少し歩くと、

f:id:atelier-dwarf:20170611184522j:plain

今度は別のカナヘビさんが両手両足を伸ばしたリラックス状態で日向ぼっこをしています。

短い手足がかわいらしいですね。

 

さらに少し進むと…

f:id:atelier-dwarf:20170611185129j:plain

まるで夏に向けてクロールの練習をしているかのように両手(両前肢)を回しているカナヘビさんの登場!

 

この日はユニークなカナヘビさんがそれぞれに個性を見せてくれます。

撮影する側としても楽しいですね。

 

でもさすがにカナヘビばっかだなぁと思っていると…

 

またしてもカナヘビさん…

f:id:atelier-dwarf:20170611185820j:plain

こちらは上から見ているせいか、少しお腹がメタボ気味にみえます。

 

f:id:atelier-dwarf:20170611185931j:plain

それにしても、名前にヘビとつくだけあって、尻尾長っ!

 

ここまでで既にカナヘビさん尽くしですが、この日のカナヘビさんのモデル志願者は後を絶ちません。次から次へと現れます。

f:id:atelier-dwarf:20170611190511j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170611190535j:plain

 

まだ完結してませんがコタキナバルの話に続き、どうにも生き物ブログならぬトカゲブログになりつつある現状。

 

他に出会った生き物も紹介していきましょう。

トカゲ類以外にもテントウムシの仲間も結構多くいました。

f:id:atelier-dwarf:20170611191309j:plain

 

ちょっと薄暗めのエリアに入ると、不自然に長い2本の曲線が目に入りました。

これはもしや…

 

f:id:atelier-dwarf:20170611191646j:plain

 

カミキリムシの登場です。小さいのに触角は立派です。まるで魚が食いついた釣り竿のようにしなっています。

 

Long Horned Beetleというだけのことはありますね。

このバランスで頭が重くないんですかね。

 

続いてアブの仲間でしょうか?

私も写真で見て気づきましたが、恐怖の捕食シーンです。

f:id:atelier-dwarf:20170611192918j:plain

 

虫以外にも、撮影はできませんでしたが、タヌキが一匹走りぬけていったのと、水場を泳ぎ渡っているヘビもいました。

 

他に、大きい生き物としては、途中で見知らぬおばちゃんが教えてくれたサギ?もいました。

f:id:atelier-dwarf:20170611193308j:plain

 

なんだかんだで3~4時間歩き回り、撮れ高もまずまずということで、来た甲斐はありました。

 

これからの季節は、どんどん生き物も増えてくるでしょうから楽しみですね。

 

ちなみに入口にある建物内には、季節ごとの生き物の紹介や生き物グッズを販売している売店などがありました。