アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生物園生き物散歩 足立区生物園 その2 大温室

いよいよ主目的の大温室へ。

 

f:id:atelier-dwarf:20170717134140j:plain

 

大温室の手前では、沖縄の昆虫が3種類ほど展示されていました。

 

大温室へ入ると、真ん中に水槽がありました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170717135101j:plain

 

中にはなんと!

ピラルクーが!

 

アロワナもいました!

 

なんというコスパ

足立区生物園おそるべしです(2回目)。

 

肝心の蝶はというと、それはもう…

 

オオゴマダラをはじめとした大型の蝶がわんさか飛んでいます!

 

餌場にも群がっていますが、いたるところにがいます。

 

f:id:atelier-dwarf:20170717135736j:plain

 

大温室内は階段があり、2.5階くらいの高さまで上ることができます。

 

階段を上がったエリアには水場もあり、そこにも蝶が、これでもかってくらいにいます。

 

f:id:atelier-dwarf:20170717140602j:plain

 

うまく撮らないと背景が人工物になってしまう点はちょっと残念ですが、たくさんの種類を間近で見ることができ、私のように蝶を撮影したい人にとっては最高です!

 

写真を撮っていると、顔や腕のすぐ近くを蝶が飛び去っていきます。

 

ちょっと風がきた!ってな感じで蝶の羽風?を感じたのは初めてです。

 

f:id:atelier-dwarf:20170717150442j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170717141359j:plain

 

常時全種類いるのかどうかはわかりませんが、こんな紹介板がありました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170717141058j:plain

 

大興奮で撮影に興じていましたが、ここは温室です。

じわりじわりと汗が…。

 

一旦室内展示に戻り、涼んでから第2ラウンドです!

 

今度はシジミチョウの撮影に成功!

 

f:id:atelier-dwarf:20170717142224j:plain

 

これはツシマウラボシシジミ?

 

最近、蝶への関心が高くなってきたので、先日こんな本を買いました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170717143818j:plain

 

日本産全種と書いてあるだけあって、もの凄い数の蝶がカラー写真で掲載されていて、オスメスや翅の表裏の柄の違い、珍しさなどを調べることができます。

この本を買ってからは、撮影して帰ってきてからそれがどの種類だったのかを見るのが楽しくなりました。

 

で、さきほどのシジミチョウはというと…

この本にはツシマウラボシシジミはちゃんと載っています。

 

が、似ているけど特徴とされている模様があるようなないような…。

せめて翅の表があれば……撮影してません。

 

でも、温室内にあった先ほどの紹介板にはシジミチョウはヤマトシジミしかいなさそうなので、それとは明らかに違うようです。

 

なので多分ツシマウラボシシジミだとは思いますが、私はシロウトなので、あえて断定はせず、それっぽいとしておきましょう。

 

蝶をバシバシ撮影していると、頭上でなにやら動く気配が…

 

この生き物も私が撮影機会を狙っていた生き物の一つでした!

 

f:id:atelier-dwarf:20170717145536j:plain

 

おわかりでしょうか?

そこにいたのはなんと!

ナナフシ、いや、触角が短いので、ナナフシモドキと思われます。

写真の真ん中にいる縦の枝みたいなのがそれです。

 

他にもう1匹見つけることができました。

 

こんな感じで第2ラウンドにも満足して、そろそろ出ようかなと思っていたところ、想定外の出会いが!

 

f:id:atelier-dwarf:20170717150835j:plain

 

こ、これは…

 

私が現時点でもっとも実物を見てみたいと思っていた蝶では…

 

とりあえず撮影します。

撮りまくった後、確認のために再度紹介板を見に行きます。

 

すると…

 

いたーーーーーーーー!

 

f:id:atelier-dwarf:20170717152421j:plain

 

翅裏のイメージだったので、紹介板を見たときは気づきませんでしたが、ちゃんといました!

 

コノハチョウです!

 

私はナナフシもそうですが、昆虫の中でも擬態昆虫に強く惹かれていて、蝶の中ではこの枯れ葉のような翅をもつコノハチョウを見てみたいと思っていました。

 

翅の表は全然違う柄で、結構キレイなんですね。

 

残念ながらこの日は翅の表は見ることができませんでしたが、南の方に行かないと見れないと思っていただけに、大満足です。

 

コノハチョウにも出会えたので、この日の撮れ高は十分ということで、大温室を出ることにしました。

 

2階から温室を出ると、数種類の昆虫の展示がありました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170717153555j:plain

 

2階にはショップと体験コーナー、テーブル席があり、ファミリーが休憩したりしていました。

 

また、バタフライガーデンの作り方などの解説コーナーがあり、2階の外に出たテラスのようなところには、バタフライガーデンがありました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170717154028j:plain

 

こんな感じで園内を存分に楽しみ、足立区生物園を後にしました。

 

帰りは14時30分頃発の北千住駅行きのバスに乗って帰りました。

 

14時50分頃、北千住駅到着。

 

足立区生物園はピンポイントで私の好きな生き物や撮影したかった生き物がいて、とても楽しかったです。

 

子供が楽しみながら学べるような工夫もあり、混み具合もほどよく、格安で楽しめる足立区生物園

 

個人的にはおススメです!

 

以上、足立区生物園レポートでした。