アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生き物散歩 横浜自然観察の森 1回目

今回は、また東京を出て、神奈川県にある横浜自然観察の森へ行ってきました。

※行ったのは少し前の7月15日です。

 

私は東横線で横浜まで行き、京急に乗り換え金沢八景駅からバスに乗っていきました。

JR大船駅からもバスが出ているようです。

 

7時50分頃、京急金沢八景駅到着。

 

コンビニで飲み物を調達して、バス停へ。

バス停は国道16号線を渡ったところにあります。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730152520j:plain

 

少し待って、バスがやってきました。

いつもの感じでPASMOでピッとやって奥へ進もうとしたら運転手から呼び止められて、降りるバス停を聞かれました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730152617j:plain

 

バスは料金前払いで、支払う前に運転手に降りるバス停を告げる必要がある点に注意です。ちなみに横浜自然観察の森には入口がいくつかあって、それぞれに最寄りのバス停があるので、どこで降りるか決めておく必要があります。

 

私は自然観察センターに一番近い「横浜霊園前」で降りることにしました。

8時18分頃、金沢八景駅を出発。 

8時30分頃、バス停「横浜霊園前」到着。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730152831j:plain

 

道路を渡り、トンネルの方へ向かって3~4分歩くと、横浜自然観察の森の「霊園口」が現れました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730153036j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170730153130j:plain

 

最初の階段を見ただけで期待できそうな雰囲気でワクワクします。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730153214j:plain

 

階段を上がったところには、モンキチョウの広場がありました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730153253j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170730153310j:plain

 

モンキチョウもいたかもしれませんが、黒っぽいが数匹(数頭)飛んでいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730153337j:plain

 

モンキチョウの広場でしばらく生き物を探した後、とりあえず自然観察センターへ。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730153357j:plain

 

センター内はこんな感じでした。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730153500j:plain

 

センターを出て、とりあえず「森の家口」に向かう道を進みました。

 

横浜自然観察の森では、ミズキの森、コナラの森、タンポポの道、ウグイスの森の4つのネイチャートレイルが設定されています。

 

私は看板をよく見ていなかったので、タンポポの道を逆順で進んだようです。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730153713j:plain

 

途中にあったトイレのある建物です。森の中にあるトイレはどれも結構キレイでした。

 

横浜自然観察の森の「森の家口」はこんな感じ。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730153744j:plain

 

「森の家口」付近からタンポポの道を逆順で進みます。

 

すると、まずアキアカネの丘が現れました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730153818j:plain

 

アキアカネの丘にはまだトンボは見当たりませんでしたが、小さなバッタがいました。

 

そこから少し進むとクヌギの林に通じる下り道がありましたが、薄暗く撮影向きではなかったので、直進しました。

 

道幅が狭めで、両サイドには草木が生い茂っています。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730154241j:plain

 

この道を抜けると少し下り階段があり、その先に分岐路がありました。

 

ここからもクヌギの林の方に行けるようなので、そちらへ進みます。 

クヌギの林へ抜ける途中には、トンボ池などの水場があり、トンボが出てきてくれました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730154317j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170730154440j:plain

 

この道の先にあった原っぱではこの日一番の出会いが。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730154722j:plain

 

このツマグロヒョウモンと思われる蝶とは、私が撮影すると一度飛び去って、原っぱの奥の方へ飛んでいってから戻ってきて、さっきと別の場所にとまり、また私が撮影すると、一度飛び去ってぐるっと飛んでからまた戻ってくるというやりとりを数回繰り返しました。

 

蝶からすれば私は邪魔者だったのかもしれませんが、おかげでいろいろな角度から撮影することができました。

 

撮影に付き合ってくれてありがとう!

 

ツマグロヒョウモンに満足して、先ほどの分岐路の地点まで戻る途中、水場の上の葉っぱで休む大型のが。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730155448j:plain

 

 ジャコウアゲハです。翅の状態もよく美しいですね。

その下にはが。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730164611j:plain

 

その後、分岐路まで戻り、そこから再度タンポポの道を逆順に進むと、再び分岐路が。

この分岐路付近にはアオスジアゲハが数匹(数頭)飛んでいましたが、しばらく待っても一向にとまる気配はなく、今回も撮影はできませんでした。

 

ここからはミズキの森ルートをこれまた逆順で進んだようです。

アオスジアゲハのいた分岐点から少し下ると、観察小屋が現れました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730164127j:plain

 

解説板を見ると、カワセミなどが見れるようです。

このときは、残念ながら見当たりませんでした。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730214757j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170730215307j:plain

 

ミズスマシノの池、ゲンジボタルの谷を見て、横浜自然観察の森「長倉口」付近の道からノギクの広場へ向かいます。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730215659j:plain

 

この付近の水場にはカラスアゲハがいました。

が、こちらもなかなかとまってくれず、薄暗かったこともあり撮影には至らず…。

 

この道をまっすぐ進むと、結構急な階段が。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730220332j:plain

 

この日は暑く、この階段はなかなかにしんどかったです。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730220628j:plain

 

正しい順番で回ることをオススメします。

 

階段をのぼりきって、少しくだるとノギクの広場につきました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730220817j:plain

 

正しい方向から行くとこんな感じです。振り返って撮りました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730221007j:plain

 

その後、トレイルのコナラの道へと出たところで、コナラの道は途中からになりますが、(コナラの道を)正しい回り方で進みました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730221128j:plain

 

コナラの道では数種類のに出会えました。

この日はジャコウアゲハと縁があったようです。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730222021j:plain

 

その後、分岐路を右へ進むと、関谷奥見晴台なる場所があったので、寄ってみました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730221405j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170730223447j:plain

 

見晴台をさくっと見たあとは再び、コナラの道へ戻り、自然観察センターの方へと戻って帰りました。

 

以下、この日撮影できたその他のです。

テングチョウらしきも一度見かけましたが、撮影する前に飛び去ってしまいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170730224500j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170730221446j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170730221825j:plain

 

ここで紹介していない、撮影できていないも何種類かいて、野生のを見に行くなら穴場のスポットかもしれません。

 

さらに良かったのは、これだけ草木が生い茂っていながら、一か所も蚊にさされることがなかったこと。もちろん虫よけはしてましたが、蚊らしき音が気になったのもミズスマシの池周辺だけだったような気がします。

 

以上、横浜自然観察の森レポートでした。