アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生き物散歩 国営武蔵丘陵森林公園 1回目 その2

「水生植物池」を後にして、しばらく歩くと「植物園展示棟」・「ボタニカルショップ」が見えてきました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170917132604j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170917131615j:plain

 

葉っぱの上にまだ幼いカナヘビがいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170917131751j:plain


「ボタニカルショップ」の右隣は休憩所のようになっており、そのさらに隣には「ハーブガーデン」がありました。

f:id:atelier-dwarf:20170917132722j:plain

 

入口付近に一匹(一頭)の蝶(チョウ)が。

 

f:id:atelier-dwarf:20170917190405j:plain

 

ツマグロヒョウモン(メス)のようです。

 

「ハーブガーデン」を歩いていると、葉っぱにまぎれて大きな飛蝗(バッタ)がいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170917232928j:plain

 

こちらはヒメアカタテハでしょうか。

 

f:id:atelier-dwarf:20170917234030j:plain

 

「ハーブガーデン」を出ると、囲いの外側にも花が咲いており、そこにも蝶(チョウ)飛蝗(バッタ)がいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170917235654j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170917235928j:plain

 

さらに先には、国内最大級の「ボーダーガーデン」があるとのことで、行ってみました。

ボーダーガーデンとはなんぞやと思っていると、ちゃんと説明書きがありました。

 

ボーダーガーデンのボーダーは服の柄などでいうボーダー柄とかのボーダーと同じ意味のようで、ボーダーガーデンとは“帯状に細長くつくられた花壇”と書かれていました。

また、雛壇のように手前が低く、奥にいくほど高くなるようにつくられているようです。

 

「ボーダーガーデン」では、数種類の蝶(チョウ)が飛んでいました。

ツマグロヒョウモン(オス)とアゲハを撮影できました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170918001305j:plain

f:id:atelier-dwarf:20170917190342j:plain

 

「植物園花木園」まで見て折り返し、帰りは「渓流広場」を経由して南口の方へと歩きました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170918003421j:plain

 

「中央橋」を渡ったところで、一匹の昆虫に遭遇しました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170918002903j:plain


キリギリスでしょうか。お尻がまるで剣のようです。

 

そこからしばらく歩いて、行きに蟷螂(カマキリ)蝶(チョウ)がいた西田沼の手前のところへ立ち寄ってみました。

 

すると、大きな柄の物体が地面に落ちていました。

近づいてみてみると、蝶(チョウ)のようです。

 

しかもこれは…

 

f:id:atelier-dwarf:20170918004758j:plain

 

オオムラサキのメスではないでしょうか。
図鑑やテレビでしか見たことがありませんでしたが、確かこんな感じだったような。

 

この蝶(チョウ)はまさに虫の息で、まだかろうじて生きているようでしたが、既に蟻(アリ)が数匹仕事にとりかかっていました。

 

翅をみる限りでは、結構キレイな状態なので、地元で出会ったタマムシと同様にこの夏を精一杯生き抜いたのだと思われます。

 

お疲れ様でしたという気持ちでその場を離れました。

 

まさかオオムラサキに出会えるとは思っていなかったので、少し興奮しながら歩いていると、南口の近くでさらに出会いがありました。

 

f:id:atelier-dwarf:20170918005055j:plain

 

一匹の蛙(カエル)がポツンと佇んでいました。

 

この日出会えた生き物はこんな感じでした。

 

目的のチョウトンボや予想外のオオムラサキにも出会えて、曇り空でしたが結構収穫があり、来てよかったです。

 

以上、国営武蔵丘陵森林公園レポートでした。