アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生き物散歩 葛西臨海水族園と葛西臨海公園

今回は葛西臨海水族園葛西臨海公園に行ってきました。

 
京葉線葛西臨海公園駅でおりて少し歩きます。
 
入園券を購入して入口のゲートを抜け、目の前の階段をのぼると、見晴らしのよい広場にドーム型の入館口があります。
 
入園料は大人一人700円です。
 
f:id:atelier-dwarf:20171029153446j:plain
 
中へ入ると最初に迎えてくれるのはシュモクザメハンマーヘッドシャーク)たちです。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029153609j:plain

 
名前の通り、頭の形が独特で面白いですね。
 
館内には他にもいくつか大水槽があります。
こちらはマグロがいる大水槽。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029153652j:plain

 
屋外ではペンギンの餌やりが行われていました。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029154306j:plain

 
餌に群がるフンボルトペンギンたち。
想像以上に必死です。
 
飼育されている分、食いっぱくれるということはほぼないのかもしれませんが、おそらく餌をもらえる時間や回数は決まっているのでしょうから、好きな時に自分で捕まえて食べるというわけにはいかない点は、野生と比べて辛い面なのかもしれません。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029154408j:plain

f:id:atelier-dwarf:20171029154552j:plain

 
ペンギンは水中の様子も見ることができます。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029154746j:plain

f:id:atelier-dwarf:20171029154811j:plain

群れて泳ぐペンギンはなかなか迫力があります。
 
屋内に戻ると、ウミガメがいました。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029155643j:plain

 
海鳥エリアでは、とてもダンディが。
エトピリカというそうです。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029155802j:plain

 
一通り館内を見て外へ出ました。
 
外には水辺の自然エリアがあり、水辺の自然エリアにあるいくつかの建物内では、川魚蛙(カエル)が展示されています。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029160403j:plain

 
並んでこっちを見ています。
どっちが観察されているんだか(笑)
 
 
水族園を見終えたあとは、臨海公園を歩きます。
公園内には鳥類園があるので、ぐるっと海沿いを歩きながらそちらへ向かいます。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029160659j:plain

 
バードウォッチングをしている人や鳥目的の撮影者が結構いて、ウォッチングセンターや観察舎もあります。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029160843j:plain

f:id:atelier-dwarf:20171029160857j:plain

 
他に、観察窓のある場所が複数個所あります。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029161224j:plain

 
この日私が出会えたのは、カワセミゴイサギの幼鳥?でした。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029161308j:plain

 
カワセミは2羽見ることができましたが、遠くて私のカメラのズームではちょっと厳しかったです。
 
ゴイサギの幼鳥?は結構近いところにいたのでラッキーでした。
 

f:id:atelier-dwarf:20171029161735j:plain

f:id:atelier-dwarf:20171029161749j:plain

 
徐々に曇ってきてしまいましたが、たまには海沿いを歩くのも気持ちいいですね。
 
海のすぐそばの森を歩くことができる葛西臨海公園
葛西臨海水族園と合わせていけば、一度に2つ楽しめます。
 
以上、葛西臨海水族園葛西臨海公園レポートでした。