アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

東京レプタイルズワールド2017 冬

今回は東京レプタイルズワールド2017冬に行ってきました。

会場はいつもの池袋サンシャインシティで、12月2日と3日、2日間の開催です。

9時50分頃、会場前に到着しました。

前回同様に開場前から長蛇の列です。

f:id:atelier-dwarf:20171204004115j:plain

並んでいると、スタッフの方がパンフレットをくれました。今回はこんな感じです。

f:id:atelier-dwarf:20171204004138j:plain

折り返しの列もどんどん長くなっていきます。

f:id:atelier-dwarf:20171204004204j:plain

開場の10時を過ぎて少し経ち、建物の中へ。
入口手前にはいつものようにガチャガチャコーナーがあります。今回は特に狙っているものはありません。

f:id:atelier-dwarf:20171204004224j:plain

前売り券を買っていない人はここで当日券を買ってから並ぶことになります。開場前後で来る予定の人は前売り券を買っておいた方がすんなり並べます。

f:id:atelier-dwarf:20171204004238j:plain

入口でスタッフの方に入場証を手首に巻いてもらって、ようやく中へ。

f:id:atelier-dwarf:20171204004250j:plain

この時間はまだ空いています。徐々に混んでくることがわかっているので、さくっと見ていきます。

f:id:atelier-dwarf:20171204004520j:plain

ふれあいコーナーは500円です。

生き物を飼うためのケース類も売っています。

f:id:atelier-dwarf:20171204004546j:plain

爬虫類だけでなく、サル等の哺乳類や鳥類、蛙(カエル)などの両生類、昆虫など、様々な生き物が販売されています。

カレハカマキリなど、私が興味のある擬態昆虫もいました。

お馴染みのカメレオン猛禽類も健在です。

f:id:atelier-dwarf:20171204004727j:plain
f:id:atelier-dwarf:20171204004636j:plain

販売スタッフさんから

「一羽どうです?」

なんて言われましたが、残念ながら値段的にも環境的にも買えません…。
でもかわいいですね。

f:id:atelier-dwarf:20171204004655j:plain

当然ですが、爬虫類はたくさんいます。

f:id:atelier-dwarf:20171204004815j:plain

ペット系の専門学校の方が飼い方をアドバイスしてくれるコーナーもあります。
数種類の生き物が展示されていて、私にとっては貴重な撮影場です。

f:id:atelier-dwarf:20171204004843j:plain

展示ケースのディスプレイコーナーにはアカメアマガエルハナカマキリがいて、こちらも貴重な撮影場です。

f:id:atelier-dwarf:20171204004922j:plain
f:id:atelier-dwarf:20171204004950j:plain
f:id:atelier-dwarf:20171204005011j:plain

買う目的ではなく、どちらかというとお店の人にとっては歓迎されない側の私に対しても、親切な対応をしてくれたスタッフさんがいて、とても嬉しくなりました。


お店によっては、購入者に対してが多いですが、生き物に触らせてくれるところもあります。

f:id:atelier-dwarf:20171204005125j:plain

昨今の深海ブームの影響なのでしょうが、タカアシガニグソクムシが売られていて驚きました。
個人で深海生物を飼う時代がきたのですね~。
普通の水槽でも大丈夫なのかは気になるところです。

f:id:atelier-dwarf:20171204005146j:plain

f:id:atelier-dwarf:20171204005201j:plain

どんどん人が増えてきました。

f:id:atelier-dwarf:20171204005057j:plain


一通り見て満足したところで、せっかくなのでサンシャイン水族館へ寄っていくことにしました。

以上、東京レプタイルズワールド2017冬 レポートでした。