アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生き物散歩 サンシャイン水族館 屋外展示

屋内展示を一通り見たあと、今年の7月にリニューアルした屋外展示「マリンガーデン」へやってきました。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010202j:plain

 

イベントステージ周辺にはアシカたちが展示されており、上部にはサンシャインアクアリングがあります。

 

先へ進むと、人が集まっています。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010225j:plain

 

何がいるのかと思って覗いてみると…

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010243j:plain

 

コツメカワウソでした。人気があるだけあって、なかなかかわいいですね。

後ろの方から頑張って撮影しましたが、ガラスに映った前の人の服が思いっきり写ってしまいました。

 

そんなコツメさんですが、魚を食べているシーンなんかはこのかわいい顔が一変してホラーシーンになります。

 

私は以前、別の施設で見たことがあるのですが、生魚を無邪気に頭から食らうワイルドな姿は、それはもう…

 

というのはちょっと大袈裟かもしれませんが、気になる方は「コツメカワウソ 食事」などで画像検索してみてください。

かわいいイメージでいたい人は決して調べてはいけません。

個人的にはそのギャップがまた面白かったりもするのですが。

 


コツメカワウソの展示小屋のすぐ近くにペンギンたちがいます。

どうやら奥に見えるのが、リニューアル最大の目玉、「天空のペンギン」の水槽のようです。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010303j:plain

 

タイミングが良かったのか、思っていたほど混んではいません。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010323j:plain

 

さっそく水槽の下へ。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010352j:plain

 

1日の中で何度か餌やり等のイベントがあり、その前後で水槽内にいるペンギンの数が増減するようです。この時はやや少なめでした。

 

それでも下から見上げて、空をバックに撮るペンギンは斬新でなかなか面白い。

まさに空飛ぶペンギンですね。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010414j:plain

 

もちろん、池袋の街をバックに飛んでいるペンギンも撮れます。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010604j:plain

 

水槽が湾曲しているので、撮る位置や角度によっては、ペンギンが細長く見えてしまう点に注意です。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010455j:plain

 

こちらは水槽の下に書かれていた注意書き。

見に行く人は要チェックです。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010648j:plain

 

私が空飛ぶペンギンを見終える頃には、人が増えていました。

ペンギンは少なめでしたが、人の多さという意味ではタイミングが良かったようです。

 

 

屋外には他にも生き物がいます。

こちらはアロワナ。ゆったり泳いでいます。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010710j:plain

 

そして、何気に驚くのがモモイロペリカンです。

飛んで逃げないのが不思議なところですが、モモイロペリカンが放し飼い(に見える)状態で普通に過ごしています。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010724j:plain

 

都会のビルをバックに撮るモモイロペリカンも面白いですね。

 

真下から撮ることもできます。

水面が揺れていたのか、アート作品のような一枚が撮れました。

 

f:id:atelier-dwarf:20171204010741j:plain

 

 

ラグーン水槽こそ本来の姿ではないにしろ、他で十分見応えがあって楽しめました。

「天空のペンギン」はまた撮りにきたいですね。

 

都心部でアクセスもしやすく、ラグーン水槽が本来の状態に戻るまでは1回の入館券でもう一度来れるというサービスまであって、なにげに今が行きどきかもしれませんね。

 

以上、サンシャイン水族館レポートでした。

 

この日は盛りだくさんです。

サンシャイン水族館のあとは、紅葉を見に行きます。

 

紅葉散歩 旧古河庭園 へ続く。