アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

ペナン島ツアー その7 バタフライファーム「entopia」 生命の神秘 擬態昆虫

蝶(チョウ)がいるエリアもそろそろ終盤です。

 

蝶(チョウ)以外に亀(カメ)鯉(コイ)オシドリの仲間がいました。

 

足早に見ていると、花が咲いている木のところで、欧米系のおじさんが何かをじっと見ています。

 

何かいるのだろうかと、通りすがりにチラッと見てみると…

 

うわっ!?

 

f:id:atelier-dwarf:20171225230044j:plain

 

なんとそこには蛇(ヘビ)が!

反対側にも。

 

f:id:atelier-dwarf:20171225230154j:plain

 

というのは冗談で、実はこれ蛾(ガ)なんです。

 

f:id:atelier-dwarf:20171128003246j:plain

 

2匹(頭)の蛾(ガ)が重なるようにとまっています。

別の角度から見るとこんな感じです。

 

f:id:atelier-dwarf:20171225230600j:plain

 

大きさは手のひらかそれ以上あったと思います。

 

デカっ!!

 

それにしてもまるで蛇(ヘビ)の顔のような模様の翅です。

 

何も知らずにこんなのが前方から飛んできたりしようものなら、確実に怯んでしまいますね。

 

さらに各翅の真ん中付近には三角形の(半)透明なスリットまであります。

 

一体何がどうなったらこんな姿になるのか。

 

これぞ生命の神秘

 

生き物の進化…おそるべし…

 

です。

 

で、気になるこの蛾(ガ)の正体はというと、現地での表記を見落としていたので、帰ってから調べました。

 

その名は…

 

アトラスガ、ATLAS MOTH  

 

別名(和名)

 

ヨナグニサン

 

です。

 

なんと名前だけは知っていましたが、まさかこれがあのヨナグニサンだったとは!

 

これ頑張れば日本でも見ることができるんですよ!

 

ヨナグニサンのヨナグニは、沖縄は八重山諸島にある与那国島のヨナグニです。

八重山諸島のいくつかの島で見ることができるらしいです。

 

こんなのがいるなんて

沖縄…おそるべし…

です。

 

こんな凄すぎる姿をしているヨナグニサンですが、進行方向からは見えにくい日陰気味の場所にとまっていたため、全然目立っておらず、多くの人が気づかずに通りすぎていました。

 

一方、気づいた人は大抵ギョッとする感じで、そりゃそうだよなと思って歩き出したところで、相棒と再会しました。

 

念のために相棒に気づいたか聞いてみると

 

「なにそれ?どこにいた?」

 

と、やはり気づいていなかったということで、私は相棒がギョッとするところを見ることができたのでした。

 

レインボーに続き、二つ目の想定外の嬉しい出会い。

 

改めて、来てよかったなぁと思いながら、蝶(チョウ)が自由に飛んでいるエリアを終えようとしていたその時!

 

予期せぬタイミングで私に千載一遇のチャンスが訪れました!!

 

なんと、日の当たっているところに、アカエリトリバネアゲハが現れたのです!!!

 

突如訪れたビッグチャンスに興奮しながら、慌ててカメラを構えて撮影を試みます。

 

カシャカシャ 

 

カシャカシャ

 

 

そしてついに…

 

 

とったど~

 

 

手応えあり!これはいけた!

 

と意気揚々で画像を確認します。

 

 

・・・

 

 

 

・・・あれ?

 

 

 

・・・・・・(汗)

 

 

 

意図せずカメラ上部のダイヤルが回っており、私の想定とは違ったものになっていました…

焦ってて気づかなかった…

 

結果はこちら。

 

f:id:atelier-dwarf:20171226000435j:plain

 

翅を止められてない…

 

でもまぁこれはこれで躍動感?

期待した絵ではなかったけど…、左下にオスのボディも写っているし…

日陰のものよりはいくらか色味が鮮やかだし…

 

と必死に自分を納得させます。

 

無論、撮りなおせるほど現実は甘くなく、アカエリさんはすでに飛び去ってしまっています。

 

 

見事に千載一遇のチャンスを逃してしまった私…

 

 

嗚呼…

 

 

残念極まりないですが、きっと生き物の神様がもう少しアカエリさんを追いかけなさいと言ってくれているのだと解釈して、今回はこれで良しとしました。

 

それにしてもアカエリさんは、美しいだけでなくやっぱりカッコいい

 

いつかもっとビシッとベストな状態を撮りたいですね。

いや必ず撮る!

 

と、人生でやらなければならないことが一つ増えたところで、他にも忘れてはならない生き物がいました。

 

マレーシアの熱帯雨林擬態昆虫の宝庫です。

蝶(チョウ)の放し飼いエリアの終盤、ヨナグニサンがいた場所の近くに、擬態のプロフェッショナルな方たちもいらっしゃいました。

 

一応柵のような囲いの中で放し飼い状態になっていたので、接写などはできない距離でしたが、ケースやガラス越しではなく、生の姿を見ることができます。

 

でも残念ながらこちらの場所も日が当たっておらず暗めな感じで、しかもプロフェッショナルな方たちもあまり撮影に協力的な位置にはいてくれず、撮れたのはこんな感じでした。

 

f:id:atelier-dwarf:20171227234210j:plain

f:id:atelier-dwarf:20171227234823j:plain

 

擬態のプロ中のプロ、見た目がまるで葉っぱのコノハムシ、Leaf Insectsです。

擬態昆虫の代表格、ナナフシ、Stick Insectsもいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20171227234727j:plain

 

こんな感じで蝶(チョウ)などが放し飼いになっている「Natureland  outdoor Gardensエリアが終わりました。

 

なかなかに盛沢山でしたね。

 

次はCocoon Indoor Discovery Centreエリアへ進みます。

 

ペナン島ツアー  その8 バタフライファーム「entopia」 屋内展示1 へ続く。