アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

ペナン島ツアー その10 ペナン国立公園 タクシーとボート

entopiaのあとはペナン国立公園へ向かいます。

entopiaの出口付近で相棒がUberで車を探していると、相棒のスマホ画面をチラ見しながら、見知らぬおっちゃんが話かけてきました。


おっちゃん 「どこへ行くんだ?」
相棒    「ペナン国立公園」
おっちゃん 「10リンギットでどうだ?」

相棒が話にならんというジェスチャーでおっちゃんをあしらいます。
どうやらおっちゃんはタクシーのドライバーのようです。

おっちゃんは引き下がりません。おっちゃんは相棒のスマホ画面を一瞥して、

おっちゃん 「(Uberは)いくらなんだ?」
相棒    「6リンギット

・・・

おっちゃん 「じゃあ6リンギット

ということで話がまとまりました。
さっそくおっちゃんのタクシーに乗り込み出発します。

タクシーに乗って少しすると、おっちゃんが話はじめました。

どうやら、なんちゃらファクトリーというところに寄っていくみたいなことを言っているようです。

私はぼったくられるのか!?

と警戒します。

すると、私より海外経験の多い相棒が、多分よくあるやつだから問題ないと言います。

相棒いわく、旅行会社の1日ツアーとかのスケジュールに大抵組み込まれているお土産屋みたいなもんで、適当に見て、興味なければ何も買わなければいいだけとのこと。タクシーのおっちゃんもとりあえず店まで連れていけばいいだけだから、無理に買わせるようなことはしないだろうと。

ほー。

それでも世の中にはどんな悪党がいるかわかったもんじゃありません。

私は警戒しながら、ひとまず到着したお店でタクシーを降りました。

すると、店員らしき女性が、商品が並んでいる店内を素通りして、奥にあるドアの先へ案内してくれます。

f:id:atelier-dwarf:20180107004313j:plain

いよいよヤバいエリアへご案内か!?

と、一人警戒をMAXにしながら、ドアの先へ進むと…

f:id:atelier-dwarf:20180107004240j:plain

そこは職人さんたちの世界でした。

私の語学力不足で説明の詳細は分かりませんでしたが、女性店員がざっと各工程を見せながら説明してくれます。

複雑な柄を手で着色していく様は圧巻です。

f:id:atelier-dwarf:20180107004343j:plain

途中から外国のツアー客らしき団体も工房を見学しにやってきて、私は安心して警戒を解きました。

f:id:atelier-dwarf:20180107004409j:plain

一通り説明が終わると、普通に店内に案内され、特に店員がついて商品を勧めてくるということもなく、さくっと店内を眺めて店の外へ出ました。

タクシーのおっちゃんが、終わった?という顔で待っており、再びタクシーに乗ってペナン国立公園へ向かいます。


ほんの数分ほどだったと思いますが、ペナン国立公園の入口に到着。

タクシーのおっちゃんにタクシー代を払い、受付のようなところへ。

f:id:atelier-dwarf:20180107004529j:plain

ここで申し込めるツアーが結構あるようです。

私たちはトレッキングをするためにやってきたのですが、初日の空港からホテルへの送迎の車内で現地スタッフから聞いたペナンヒルの上までは行けなくなっている理由と同じで、1、2週間前の豪雨の影響で、ほぼすべてのトレッキングルートが利用禁止になっているとのことでした。

トレッキングルートは大きくわけて、北西側のビーチを目指すルートと南西側のビーチを目指すルートとがあり、この日唯一歩けるのは、ここからボートで北西側のビーチであるモンキービーチまで行き、そのビーチから少し先にある灯台までの道のみとのこと。

相棒のこの旅での一番の希望は、ビーチで海を見ながら何も考えずにぼーっとする時間を過ごすことだったので、相棒と相談し、せっかくここまで来たのだから、目的のトレッキングは期待できないけど、とりあえずモンキービーチに行ってみようということになりました。

大人一人のボート往復代は65リンギットでした。
海の方まで歩き、ここで待ってろと言われたところで少し待つと、一隻のボートが近づいてきました。

f:id:atelier-dwarf:20180107004604j:plain

両サイドにある桟橋から乗るのかと思いきや、どうやらこのボートに砂浜から乗り込む様子。

f:id:atelier-dwarf:20180107004643j:plain

ボートに乗り込み、いざモンキービーチへ!

f:id:atelier-dwarf:20180107004703j:plain

海は濁り気味で、それほどキレイではありません。

10分もしないくらいでモンキービーチへ到着。
ボートのスタッフと迎えの時間を確認して、上陸します。

モンキービーチというくらいだから、猿(サル)がたくさんいるのかと思っていましたが見当たりません。

その代わりにいたのは飼育されている馬(ウマ)

f:id:atelier-dwarf:20180107004809j:plain

猿(サル)はいずこ~?
と探しながら、まずはプチトレッキングの灯台を目指します。

f:id:atelier-dwarf:20180107004900j:plain

ビーチ裏の道を西へ進みます。

ペナン島ツアー その11 ペナン国立公園 モンキービーチの生き物とプチトレッキング へ続く。