アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

ペナン島ツアー その11 ペナン国立公園 モンキービーチの生き物とプチトレッキング

上陸したビーチから一本奥の林道を西へ進み、再びビーチへ出ました。

 

すると少し先のところに人だかりが。

 

近づいてみると…

 

f:id:atelier-dwarf:20180107005023j:plain

 

いました!

猿(サル)です!

 

観光客からもらったのでしょうか。スニッカーズを食べています。

猿(サル)が欲しがったのかもしれませんし、観光客が好意であげたのかもしれませんが、果たして猿(サル)に歯を磨く術と習慣があるのか心配になります。

あとで猿(サル)にとって悪い結果にならなければいいですが。

 

このあたりには数匹の猿(サル)がいて、まだ若い猿(サル)もいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107005535j:plain

 

無事、モンキービーチたる猿(サル)を見ることができ、ビーチから灯台への道へと進みます。

プチトレッキング開始です!

 

f:id:atelier-dwarf:20180107005612j:plain

 

灯台までの道は、気温が高い時間帯で暑いのと、ずっと登り道なので、思っていたよりキツめでした。

道中は特に生き物との出会いもなく、普段運動がてら走っている相棒が元気なもんで、約20分ほどで灯台のある高台に到着。通常は30分くらいかかるみたいです。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107005646j:plain

 

さっそく灯台の上を目指します。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107005706j:plain

 

上への階段は螺旋階段になっており、まるでRPGのダンジョンの「〇〇の塔」へやってきた気分です。靴を脱いでグルグル上っていきます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107005726j:plain

 

下りてくる人とすれ違うのがなかなか大変ですが、そんなときは途中にある窓の縁に入ってやりすごしながら、上へ到着。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107005809j:plain

 

景色は…

 

まずまずですね。

上から下を見てみると、ドローンを飛ばしている人がいました。

 

一息ついた後、階段を下り、ビーチへと戻ります。

参考情報となりますが、灯台のある高台にトイレはありました。

個人的な意見にはなりますが、男性はかろうじて使えます。

女性は厳しいと思います。

↓この扉の中にトイレがあります。

f:id:atelier-dwarf:20180107005852j:plain

 

帰りは道と距離が分かっている分、行きほどのキツさはなく、entopiaで見た蝶(チョウ)蛾(ガ)の進化の仕方やその理由なんかを想像して相棒とあれこれ話しながら歩いていると、あっという間にビーチへ戻ってきました。

 

モンキービーチは、普通に泳ぐことができるビーチで、欧米系の観光客が海で泳いでいました。

ビーチには、乗ってブラブラできるタイヤブランコみたいなものもあります。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107005920j:plain

 

腰を下ろす場所を見つけ、相棒のこの旅最大の目的である、“ビーチでまったり過ごすこと”になり、いつも通り私は一人で散策に出ることにしました。

 

相棒に

「じゃ、また後ほど」

と別れを告げて、カメラ片手にビーチ付近の生き物を探します。

 

ビーチ沿いの草むらでまず見つけたのは、2種類の蝶(チョウ)です。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107010424j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180107010453j:plain

 

続いて、再び最初に歩いてきたビーチ奥の林道に入ると、別の蝶(チョウ)がいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107010555j:plain

 

その後は、少し歩いた先のビーチ付近で再び猿(サル)を見たくらいでした。

 

ただの飾りなのか、低すぎるブランコがありました。立ち乗り用でしょうか。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107010055j:plain

 

こんなところかなと思って、相棒のいる場所へ戻る途中、私の周辺視が草むらの中の動きを捉えました!

 

何かいた!

 

目を凝らして、動きがあったようなあたりを探してみると…

 

f:id:atelier-dwarf:20180107010638j:plain

 

いました!

黄色い蜥蜴(トカゲ)です。

なかなかキレイです。

 

蝶(チョウ)が地味めだっただけに、モンキービーチで出会った生き物の中では一番インパクトがありました。 

 

 

生き物散策を終え、相棒のいる場所へと戻ると、相棒が満足そうに座っていました。

海を眺めながら2度ほど寝落ちして、心地よかったそうです。

 

それはなによりということで、散策の結果報告をしつつ海を眺めていると、予定より早くボートがやってきました。

 

どうやら我々とは別の客の迎えだったようですが、ジェスチャーで乗っていくか?と聞かれ、相棒も私もそれなりに満足していたこともあり、乗っていくことにしました。

 

あっという間に最初にボートに乗ったペナン国立公園の入り口付近に戻ってきました。

 

乗り場のすぐ横には、インフォメーション&登録センターがあり、ここからのトレッキングが可能であれば利用することになっていたのだと思われますが、この日は窓口が閉まっていました。足の洗い場やトイレもあります。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107010825j:plain

 

こちらが、トレッキングのガイド板。

この時通行可能だったのは、我々が歩いたD~Eの間(左上の区間)のみです。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107010848j:plain

 

このスタート地点からモンキービーチまでは歩いて1時間15分、灯台までは1時間45分と書いてあり、元気だった相棒も、この暑さの中で1時間45分をガチで歩いていたら結構ヤバかったかもなと言っていたので、モンキービーチまでボートで行くことになったのは結果的には丁度良かったようです。

 

ペナン国立公園を出ると、周囲には飲食店系のお店がいくつか立ち並んでいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180107010910j:plain

 

相棒が、タクシーは無駄に寄り道して時間をとられる可能性があるから使わないというので、選択肢からは消し、Uberで車を探します。

 

タイミング悪く、一番近くにいる車で15分くらい待つ必要があり、その間に少し移動してしまったこともあって、乗車するのに少し手間取りましたが、無事車に乗ってホテルへ。

 

15時28分に車に乗り、15時49分にホテルへ着きました。

料金は14.21リンギットでした。

 

ペナン島ツアー その12 屋台街ツアー へ続く。