アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生き物散歩 サンシャイン水族館 ケロレンジャー2018

今回はサンシャイン水族館へケロレンジャーを見に行ってきました。

 

久しぶりのサンシャイン水族館です。

 

ケロレンジャーの展示は、入ってすぐのところにありました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180614002844j:plain

 

展示されているケロレンジャーは下記の通りです。

 

左から

ケロイエロー!

クランウェルツノガエル

 

ケロブルー!

コバルトヤドクガエル

 

ケロレッド!

サビトマトガエル

 

ケログリーン!

メキシコフトアマガエル

 

ケロドット!

バンゾリーニヤドクガエル

 

ケロドット?

最後は色名ではなくまさかの柄名できました。

 

 

f:id:atelier-dwarf:20180614002913j:plain

 

写真は一番撮りやすかったケロイエローのクランウェルツノガエルです。

 

さらにケロレンジャーが展示されている壁の側面には、ケロレンジャー道場なるものが!?

 

まだ一人前のケロレンジャーになる前の門下生たちがいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180614002927j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180614003119j:plain

 

マルメタピオカガエルのオタマジャクシは、まるでエイみたいです。

 

色も柄も微妙なマルメタピオカガエルは、一人前になったら一体どんなレンジャー名になるのでしょうか。ハンバーガーみたいな顔にも見えるので、いっそケロバーガーとか。

 

この日の私が訪れたタイミングは、結構混んでいたので、他はさくっと見て先へ進みます。

 

ラグーン水槽の前へやってきました。

久しぶりのラグーン水槽は、すっかり賑やかになっていて、それなりに立派なサイズのナルトビエイも復活していました。多分マダラトビエイもいました。

 

見るたびにGLAYの「HOWEVER」を思い出すのは私だけでしょうか。

 f:id:atelier-dwarf:20180614003301j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180614003334j:plain

 

トラフザメも復活していて、この日は絶好調でした!

 

f:id:atelier-dwarf:20180614003348j:plain

 

ラグーン水槽に続いては、こちら。

これなんでしょう?

 

f:id:atelier-dwarf:20180614003407j:plain

 

はい。マンボウです。

 

写真の上下を間違えているわけではありません。

水平に浮遊するマンボウ

 

今度は垂直に上を向いているマンボウ

 

f:id:atelier-dwarf:20180614003419j:plain

 

いろんな姿勢を見せてくれました。

野生のマンボウもこんな姿勢で泳ぐものなのでしょうか。

 

しばらく移動して常設の蛙(カエル)の展示エリアへ。

 

一人前の大人サイズのマルメタピオカガエルやまだ小さくてかわいいベルツノガエル等がいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180614003441j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180614003454j:plain

 

そこから少し先へ進んだショップ近くの方に、ついに登場!ケロレンジャー緊急参戦のゴライアスガエルがいました。

 

水槽内の奥側の周囲の岩壁に溶け込むように佇んでいたため、パッと見で「いないねぇ」といって通り過ぎていく人もチラホラ。

 

f:id:atelier-dwarf:20180614003506j:plain

 

ご覧の通り、残念ながら顔はあまりよく見えませんでしたが、それなりに大きいということはわかりました。

 

ケロレンジャーの展示は7月8日(日)まで。

蛙(カエル)好きの人はこの機会にケロレンジャーたちに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

 

以上、サンシャイン水族館 ケロレンジャー2018 レポートでした。