アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生き物散歩 5月後半~6月前半の森や公園の生き物2018 その1

6月は梅雨ということもあり、中旬からなかなか天気のよい週末がありません。

今回は5月後半~6月前半に森や公園で出会えた生き物をまとめてみたいと思います。

 

まずは飛蝗(バッタ)の仲間たち。

 

f:id:atelier-dwarf:20180514000926j:plainf:id:atelier-dwarf:20180623132605j:plainf:id:atelier-dwarf:20180623134313j:plain

 

 

続いて蜻蛉(トンボ)

 

f:id:atelier-dwarf:20180623134115j:plainf:id:atelier-dwarf:20180623134036j:plainf:id:atelier-dwarf:20180623132729j:plainf:id:atelier-dwarf:20180514001103j:plain

 

クロスジギンヤンマは手ごわい相手です。

なかなかとまらない、かつ飛行スピードが速い…


ギンとの戦いは続く…

 

 

f:id:atelier-dwarf:20180623134057j:plainf:id:atelier-dwarf:20180623132810j:plainf:id:atelier-dwarf:20180623133918j:plain

 

イトトンボの産卵シーン。

場所によっては、同じようなシーンを頻繁に見ることができます。

 

一見、天敵が現れなければ安全そうに見えますが、稀に失敗して命を落とすこともあるみたいです。

最初は普通に産卵していたオスとメス。

途中でメスが体勢を崩し、水に深く浸かってしまいました。

すると、無情にもオスはすぐに飛び去り、取り残されてあがくメス。

 

しかし、あがけばあがくほど翅が水に浸かり、深みにはまっていきます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180623134014j:plain

 

水草に掴まって這い上がれ!

と歯がゆさを感じながら見ていると、残念ながらそういった発想にはいたらないらしく、やがて顔も水に浸かり、メスは動かなくなりました。

 

どの世界にもいえることなのでしょうが、見慣れた光景の中にもちょっとしたことで命を落としてしまう危険が潜んでいるんですね。

 

 

f:id:atelier-dwarf:20180623133042j:plain

 

 

次は、蜉蝣(カゲロウ)の仲間、脱皮中のカメムシカミキリムシ(髪切虫、天牛)

 

f:id:atelier-dwarf:20180623132700j:plainf:id:atelier-dwarf:20180623132636j:plain

 

カメムシの脱皮。初めて見ました。

 

 

f:id:atelier-dwarf:20180623225601j:plain

 

これはヤハズカミキリでしょうか。

子供の頃は、カミキリムシ(髪切虫、天牛)はどちらかというと苦手でしたが、最近は小さなメカっぽくて出会えると嬉しくなります。

 

生き物散歩 5月後半~6月前半の森や公園の生き物2018 その2 に続く。