アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生き物散歩 オオムラサキ探訪

今回は昨年シーズンオフに訪れた山梨県にあるオオムラサキセンターへ行ってきました。

※訪れたのは7月1日です。

 

朝一で電車に乗り、新宿で京王線に乗り換え、高尾駅でJRに乗り換えて日野春駅で下車。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707210331j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707210354j:plain

 

駅を出ると県道17号線に沿って、右手に進みます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707210545j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707210710j:plain

 

道の途中には「国蝶 オオムラサキ」の石碑がありました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707211053j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707211159j:plain

 

ファミマの先にある道の分岐点をわずかに左へ進み、坂道の下をくぐるように進みます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707211357j:plain

 

小さな踏切を渡ったところに森の入口があります。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707211731j:plain

 

森に入ってすぐのところに看板があり、オオムラサキセンターを指し示す方向(向かって左手)に進みます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707212128j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707211927j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707212304j:plain

 

「トンボ湿生植物観察沼」へ出ました。

オオムラサキセンターの生態観察施設「びばりうむ 長坂」が見えます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707213155j:plain

 

沼ではクロスジギンヤンマが産卵をしていました。

 

沼の先で飼育されているヤギも健在です。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707213333j:plain

 

 

「メダカ観察池」を横目に階段をのぼると、オオムラサキセンター本館の入口です。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707213701j:plain

 

入って右手にある窓口で入館料を払います。

大人一人420円です。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707213934j:plain

 

窓口の横ではヤマトタマムシハナカマキリが展示されていました。

 

本館内の様子は昨年書いたものとさほど変わりはないので割愛して、本館から通路を渡った先にある森林科学館へと進みます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707214257j:plain

 

廊下には世界中の蝶(チョウ)の標本がズラリと並んでいます。

 

オオムラサキの生体がいる「びばりうむ 長坂」に進む前に、森林科学館の展示室を覘いてみます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707214549j:plain

 

日本の水生昆虫や子供たちが喜びそうな外国産のカブトムシクワガタムシ等の生体が数種類展示されています。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707214808j:plain

 

こちらはヘラクレスオオカブト

子供の頃は強いというイメージからか甲虫、というよりカブクワが好きでしたが、今はカブクワにはさほど興味がなく、その他の美しい昆虫、特に蝶(チョウ)が好きになってしまいましたね。

 

日本におけるカブクワに関していうと、カブトムシはイメージでは典型的な一種類という印象がありますね。

 

一方、クワガタムシは、私が子供の頃から名前を知っていたものだけでもオオクワガタヒラタクワガタミヤマクワガタノコギリクワガタコクワガタなどがいます。

 

カブクワのどちらも生息している環境(地域や島)の名前などがついた固有種・固有亜種が何種類かいるようで、調べてみると結構面白いです。やはり日本にはカブトムシは少ないみたいですが、クワガタムシは分類の仕方によっては40種とか50種にもなるとか。

 

私はガチャの生物フィギュア集めを通して、日本にクワガタってこんなに種類がいるんだなぁと大人になってから知りました。まだまだ自分の知識・常識の外にはたくさんの知らないことがありますね。

 

話を戻して、展示室では2種類のカブクワ(カブトムシ1種とクワガタムシ1種)がケース越しではない状態で見ることができるようになっていました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707223105j:plain

 

 

展示室を出て、いよいよ目的のオオムラサキに会いに行きます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707224025j:plain

 

「びばりうむ 長坂」の中へ入ると、いきなりオオムラサキが群がっている光景が目に入ります。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707224055j:plain

 

全部オオムラサキかぁと感嘆しつつ、発生ピークちょっと前の様子を観察していきます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707224322j:plain

 

まるで首を傾げているかのようなオオムラサキのオス。愛嬌がありますね。

 

昨年のシーズン終了時とは違って、植物も生い茂っています。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707224142j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707224215j:plain

 

なるべく人が入らないように撮っていますが、オオムラサキシーズンということでお客さんは結構来ていました。

 

人の手や服にとまりにくることも多く、私の肩にもとまってきました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707224404j:plain

 

成虫だけでなく、幼虫や蛹を見ることもできます。

幼虫は結構かわいい顔をしており、幼虫が好きで見に来ている人もいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707224659j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707224637j:plain

 

可愛そうに羽化前にキリギリスの仲間に襲われてしまう子も。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707224736j:plain

 

 

蛹から出てきて、まだ翅や触角が安定していない子もいました。

 

草木での羽化を選ばず、見た目には目立つ人工物の柱で羽化したのは、実は外敵の接近を避けるためということもあるのでしょうか。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707224910j:plain

 

オオムラサキはオスとメスで翅の表側の色が違います。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707225016j:plain

 

一般的なイメージの青みがあるのがオス(手前右側)でオスよりやや大きめで青みがないのがメス(手前左側)です。

 

やっぱり青みのあるオスの方がキレイですね。

翅がキレイな状態のオスはこちら。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707225709j:plain

 

ちょいアップも撮れました。

体に細かい毛がたくさんあることがわかりますね。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707225813j:plain

 

わずかですが、オオムラサキ以外の虫もいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707225105j:plain

 

迷い混んだのか、ここで誕生したのかはわかりませんが、クロアゲハが一匹(頭)。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707225158j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707225221j:plain

 

オスとメスのカブトムシも一匹ずつ見ることができました。

 

他に環境に溶け込んでいるカミキリムシナナフシモドキも。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707225302j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707225343j:plain

 

以上が「びばりうむ 長坂」で出会った生き物たちでした。

 

オオムラサキの数は、群がっている食事場所が5、6箇所はあったと思うので、100匹(頭)近く、あるいはそれ以上いたのではないでしょうか。

オオムラサキセンターというだけのことはありましたね。

 

タイミングが良ければ羽化の瞬間に立ち会うこともできるのではないでしょうか。

 

 

建物を出て、「メダカ観察池」に行ってみると、蛙(カエル)がいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180707225907j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707225943j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707230014j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180707230033j:plain

 

 

これにて、今年の三大目標の最後の一つ「オオムラサキのオスに出会うこと」改め「オオムラサキのオスの翅の表側のキレイな写真を撮ること」を無事達成!

 

撮ったど~!

 

運よくほぼ半年で今年のすべての目標を達成できました。

オオムラサキとの出会いはこの時期を想定していましたが、南の方まで行くことも視野に入れていたコノハチョウの目標が思いのほか早くあっさり達成できたのと、ルリボシカミキリとの出会いがまさか本格シーズン開始一発目で訪れるとは思いませんでしたね。

 

さて、このあとどうするか。

 

早々に目標が達成できたのは、この道は一区切りにして新しい道へ進めといわれているのか、あるいはこの道のもっと先へ進めといわれているのか。

 

ちょうどこれまでの人生、生き方にはっきりとした一つの答えが出たタイミングでもあり、生き物とのかかわり方も含め、大きな転機になりそうです。

 

私にもいち生き物としての進化が促されているということなのでしょうか。

 

以上、生き物散歩  オオムラサキ探訪 レポートでした。