アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生き物散歩 ぐんま昆虫の森 その1 樹液酒場と昆虫観察館

今回は以前から気になっていた「ぐんま昆虫の森」へ行ってきました。

訪れたのは7月下旬です。

 

電車で行く場合は、東武鉄道赤城駅上毛電鉄新里駅からタクシーを利用するのがぐんま昆虫の森のホームページで案内されていますが、3kmほどなので歩きなれている人なら距離的には歩けなくもない距離です。

 

ただ、最近の災害級の猛暑の中では、本当に危険なので歩いていくのは避けた方が無難だと思います。

 

私はちょっとやらかしてしまい、途中でタクシーを見つけたら乗ればいいやと思って歩き出すと…

 

全然タクシーが通りません。

 

このあたりのタクシー状況を甘く見ていました…

 

仕方なく歩いて向かっていたら、残り1㎞くらいのところで、軽トラに乗った親切な方が声をかけてくれて、ついでだからといって乗せてくれました。

 

本当に助かりました。ありがとうございました。

 

ということで、予定より遅れてなんとかぐんま昆虫の森に到着。

 

入口にある自動券売機で入園料を払って中へ入ります。

大人一人410円です。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729012144j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180729012205j:plain

 

ここを訪れた目的の一つが、樹液酒場でカブクワを見ることだったので、さっそく樹液スポットへやってきました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729012303j:plain

 

ここには「チョウの道」という名の観察デッキがあり、周囲の木には昆虫たちが集まっていました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729012337j:plain

 

この時はカブトムシカナブンの仲間が多く、クワガタムシの姿は見つけることができませんでした。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729012915j:plain

 

時折、オオムラサキも姿を見せてくれました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729012649j:plain

 

夜にライトアップして虫たちを集めるものと思われる機材もありました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729013046j:plain

 

カブクワがいる樹液スポットはもう一か所あるみたいですが、ここへ来たもう一つの目的である昆虫観察館へ向かいます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729013105j:plain

 

昆虫観察館の中は結構盛りだくさんです。

 

昆虫たちの化石や歴史、体の構造の説明が展示されているゾーンからはじまり、順路に従って進みます。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729013126j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180729013149j:plain

 

少し進むと生体の展示が現れました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729013302j:plain

f:id:atelier-dwarf:20180729013602j:plain

 

まずはクワガタムシの生体展示です。国内産・外国産のクワガタムシが数種類いました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729013805j:plain

 

こちらはワラストンツヤクワガタ

 

他に、子供たちに人気がありそうなギラファノコギリクワガタニジイロクワガタなんかもいました。

 

そのすぐ隣にあるケース群の中には、外国産のカブトムシも。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729013827j:plain

 

この時近くにいた男の子も、

ヘラクレスオオカブトだ!」

と興奮していました。コーカサスオオカブトもいましたが、やはりヘラクレスオオカブトの方が人気では勝るのでしょうか。

 

カブクワの生体展示は、ケースが曇っていたり、昆虫自体が見えにくい場所にいたりすることがよくありますが、この時は比較的どれも見やすい場所にいてくれました。

 

さらにそのすぐ先にあるケース群には、ハナカマキリなどの海外のカマキリなどが展示されていました。

 

こちらはガリメニシキカマキリ

 

f:id:atelier-dwarf:20180729013911j:plain

 

日本にはいない昆虫たちの生体を見ることができて、ちょっと興奮ぎみに先へ進むと、その先では日本の里山にいる昆虫たちが展示されていました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729013625j:plain

 

こちらはちょっと画像では分かりにくいですが、キレイなボディを持つ昆虫の一つであるアカスジキンカメムシ

 

f:id:atelier-dwarf:20180729013959j:plain

 

今年森で出会ったハンミョウもいました。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729014023j:plain

 

他にもゲンゴロウミズカマキリなどの水生昆虫、両生類のアカハライモリなんかも展示されていました。

 

その先にはワークショップフロアがあり、そこから階段を下ると、昆虫ふれあい温室があります。

 

f:id:atelier-dwarf:20180729014042j:plain

 

生き物散歩 ぐんま昆虫の森 その2 昆虫ふれあい温室とその他 へ続く。