アトリエドワーフの生き物ブログ

生き物好きの生き物に関するブログです。

生き物散歩 沖縄美ら海水族館 その2

翌日はローソンでチケットを購入して、開館時間に合わせてやってきました。

f:id:atelier-dwarf:20181128102112j:plain

前日の夕方と比べると、開館直後はかなり空いていて、ゆっくり見ることができます。

f:id:atelier-dwarf:20181128160357j:plain
f:id:atelier-dwarf:20181128160316j:plain

前日は混んでいてスルーしたところを中心に見ていきます。

f:id:atelier-dwarf:20181128160815j:plain

珊瑚(サンゴ)伊勢エビマングローブ林や沖縄の水辺で見ることができる生き物たちが個水槽で展示されています。

f:id:atelier-dwarf:20181128161114j:plain
f:id:atelier-dwarf:20181128162031j:plain


こちらは奄美や沖縄などの琉球列島でのみ見ることができるシリケンイモリ

f:id:atelier-dwarf:20181128222619j:plain

大水槽は前日それなりにしっかり見ることができていたので、この日はジンベエザメナンヨウマンタへの給餌の時間に合わせて、その様子を上から見ることができる黒潮探検(水上観覧)へ行ってみることにしました。

ジンベエ・マンタコーナーの奥にある専用のエレベーターに乗って4階へ上がります。

4階では大水槽の上に通路が設けられていて、水槽の様子を上から見ることができるようになっています。

f:id:atelier-dwarf:20181128163527j:plain

少し待つと、飼育員の方たちが現れ、給餌が始まりました。長い棒の先に餌を付けて、水中へ突っ込みます。

f:id:atelier-dwarf:20181128163709j:plain

餌に合わせてナンヨウマンタジンベエザメが水面付近に浮上してきて、ゆっくり旋回しながら餌を吸い込んでいきます。

f:id:atelier-dwarf:20181128171832j:plain
f:id:atelier-dwarf:20181128163859j:plain

4階はほとんどの場所に網がかかっていて、肉眼では網越しに見ることになるので、カメラでなるべく網が写りこまないようにして撮った方がキレイに見えます。

また、上からはジンベエザメの体全体の様子はそれほどよくは見えないので、給餌の際の口元を観察したいという人に向いています。


じっくり給餌の様子を観察した後は、エレベーターで下に戻り、ブラックマンタを撮りまくって水族館を後にしました。


ここからは前日に回れなかった水族館の外にあるマナティー館とウミガメ館を見に行きます。
水族館の外にあるマナティー館やウミガメ館などは無料で見ることができるようです。

まずはマナティー館。

f:id:atelier-dwarf:20181128172926j:plain

入ってすぐのところでは、水槽の上からの様子を見ることができます。

f:id:atelier-dwarf:20181128172941j:plain

上からではあまりよく見えないので、階段を下りて下の階へ。

f:id:atelier-dwarf:20181127225920j:plain

水族館内の水槽に比べるとちょっと見にくい印象ではありましたが、マナティーの様子を見ることができました。


続いて、ウミガメ館へ。

こちらは水槽が屋外に出た状態になっていて、上からウミガメを見ることができます。

f:id:atelier-dwarf:20181127230037j:plain

ウミガメ館にも下への階段があり、下りていくと屋内でウミガメの様子を見ることができました。

f:id:atelier-dwarf:20181127230105j:plain
f:id:atelier-dwarf:20181128223325j:plain


ウミガメ館を出ると、ショーの時間のようでオキちゃん劇場にたくさんの人が集まっています。

f:id:atelier-dwarf:20181127225640j:plain

客席は既に満員で、溢れた人たちが劇場左横の原っぱから遠巻きに見ていたので、そこからショーの様子をなんとか一枚。

f:id:atelier-dwarf:20181127235906j:plain

このショーも無料で見ることができるなんて凄いサービスですね。
無料で見ることができる展示としては、他にイルカのラグーン水槽もありました。

美ら海水族館は人気の観光地だけあって、訪れる時期や時間帯による差が大きそうではありますが、やはり見応えがあって沖縄観光には外せないスポットですね。

以上、生き物散歩 沖縄美ら海水族館 レポートでした。